日々の生活、若返りを目指したサプリやコスメ、アロマに手抜き&節約家事など、色んなモノを気ままに書いていきます♪(コメント大歓迎!!)
http://akkylife.blog40.fc2.com/
admin
 

プロフィール

あっきぃ

Author:あっきぃ
 
北陸地方在住で、1978年の早生まれです。
家族は、夫(1975年生まれ)、
りん(小6・BOY)、
れん(小4・GIRL)の4人です。

事務や設計、少しデザインなどの仕事をしています。

チビッ子達の為にも
  “心身共に若々しいママ”
を目指して日々奮闘中!

(公社)日本アロマ環境協会認定
 アロマテラピーインストラクター
 環境カオリスタ

スライドショー

最近の記事+コメント

月別アーカイブ

02  11  10  03  01  05  03  02  01  12  11  09  07  06  05  03  02  01  12  11  10  09  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12 

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

お気に入りブログ♪

人気記事ランキング

ブログ内検索

↓見たい記事をピンポイント!

QRコード

携帯版簡易ページ用アドレス http://akkylife.blog40.fc2.com/?m

QR

携帯からしか見られない“プロフィール欄”が出来ました!!               

リンク

チーム・マイナス6%
  格安・インターネット通信講座『ナレッジサーブ』 お得なポイント貯まる!ECナビ                                       

                                         

--.--.--/ --:--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
編集[管理者用]
前回の原料比較を踏まえて、この記事を読んでいただくと分かりやすいかと思います。

先日入った100円ショップに珍しく粗塩が無かったので、次に行ったドラッグストアで1kg200円くらいの、いつもよりちょっと贅沢な価格の粗塩を買ったら、とてもしっとりしてましたがさほど気にせず

・重曹…友和
・クエン酸…ダイソー
・粗塩…上のやつ

…でプレゼント用に作りました。

私はいつもナイロン袋の中で粉を混ぜるんですが、毎回多少の炭酸ガスが発生してるのか、袋が勝手に膨らんではくるものの、今回の膨らみは尋常じゃなく、まるでバラエティ番組のゲームで巨大風船がどんどん膨らんでくるみたいな恐怖感さえ感じてしまいました…( ̄□ ̄;)!!

このまま袋の口を開けずにいたら、

『ボーーン!!!!』

…と、粉が部屋中に爆弾のごとく飛び散りそうな勢いです!!

手早く型へ移していき、ついでに友達とバスボムを作った場合を考え、乾燥させなくてもすぐ持ち帰られるよう、ラップで茶巾絞りにしてみる実験もしましたが、こちらも“発”が“発”になりそうだったので取りやめに(-_-;)

指で押し固めること14個。

全部固め終わって最初のをみると、カップケーキかカルメ焼きのようにウマそうに膨らんでます…!

小一時間、順番に押し固めていきましたが、キリがないので寒いサンルームへ出して1晩様子を見てみました。

たいてい夜に作り、朝起きてみるとほとんど固まってますが、まだ潰せる感じだったので、最後の念押しをしておきましたが、完成して型から出すと、ちょっとエアリーになってました(+_+)

バスボム比較←この画像をクリックすると拡大します。

どうやら、キメ細かい重曹に、水分(ミネラル分?)が多い粗塩の組み合わせが招いた結果のようです。

成功品と比べても、膨らんでしまった方は発泡してしまってガスが飛んでしまっているので、持つと軽くなって軽石のようです。

この後、リベンジしたものが大成功だったので、次回は作り方を画像付きでご紹介したいと思います(*^o^*)


※今年も一年お世話になりました♪

皆さま、来年もつたないブログですが、どうぞよろしくお願いします(^o^)丿

それではよいお年を…。
 
FC2 Management
編集[管理者用] Trackback(0) Comment(7) 
2008.12.29/ 10:16(Mon)
バスボムを作るレシピは、調べると実にたくさんありますが、私はとにかくシンプルで材料が揃えやすく、みんなに作りやすいようにと思い、基本は
 ・重曹
 ・クエン酸
 ・粗塩
の3つで、コーンスターチなどは入れないレシピで作ってます。

そんなシンプルなレシピでも、重曹と粗塩のメーカーによって、作っている過程や出来上がりが違うのが、何とも不思議で、まるで“生き物”のようです。

何がどう“違う”かというと、
 ・粉っぽくて固まりにくい
 ・水分が多くて作ってる時に発泡して膨らんでくる

…のどちらかになってしまいます…(/o\)

まず、重曹について。
私が使う重曹は、特に食品グレードにはこだわらず、100円ショップだったり、ドラッグストアなどの清掃用だったりを色々試してみました。

使いやすかったのは、キメが細かいもの。
袋の上から触ってみて、片栗粉っぽい感じのちょっとキシキシ感があるものだと、固まった表面がキレイになるので、友達へのプレゼント用には、こういう重曹を使いました。

<例>
友和 重曹 1kg 399円

↑ドラッグストア、ホームセンター、ジャスコの食品売場の掃除用洗剤コーナーにありました。

ピンクのウサギが目印です★


重曹物語 240g 105円

↑これは、ダイソー以外の100円ショップの掃除用洗剤売場でよく見掛けます。

何が『物語』なのかは不明ですが、同シリーズに『クエン酸物語』、『セスキ炭酸物語』もあります。

重曹が240g入りに対し、クエン酸は半分の120g入りで売られているので、ちょうどバスボムを作る比率『2:1』となり、便利です♪

ダイソー・重曹洗剤ダイソー・重曹洗剤 270g 105円

↑ダイソーには、重曹が2.3種類置いてあり、この他に350g入りのもあるが、袋の上から揉み比べると、こっちの方が触った感じが片栗粉に近いです。

ちなみに、これと違うものは、後で出てきます(^^ゞ



天外天 シリンゴル重曹 600g 398円

↑初めてバスボムを作ったのがこの重曹でした。

食品グレードでキメが細かく、これを基準により安いものを探し求めるべく、色々買い始めました。



続いて、ちょっとキメが粗めで固めたりプレゼント用にはNGだった重曹たち。

お安いので自宅使用には充分使えるし、最近の自宅使用は、以前の記事(こちら)のように、1回使いきりの方法なので、これで全く問題ありません(^.^)

<例>
コープ・重曹コープ 重曹 1kg ?円(忘れた)

↑生協でよく出てるもので、安いので買ってみたものの、固めようとすると表面がザラついて昔の砂壁のようにポロポロとしてくるので、今はこれを毎日使いきり分として利用してます。

掃除にも使えるので、買って損はなかったです。

ダイソー・重曹ダイソー 重曹 350g 105円

↑先に出たダイソーの重曹より80g多いこちら。
ただ、まだ使った事がないんです…f^_^;
袋の上から触った感じが違うんですよねぇ~。

これと同じパッケージデザインで、クエン酸、セスキ炭酸ナトリウムが『物語シリーズ』のように並んで売られています。

ちなみにクエン酸は200g入りなのでお得です!!



粗塩も、多少メーカーによってミネラル(にがり)の含有率が違うのか、“しっとり度”の違いで固まり具合に影響してきます。

粗塩は重曹ほどこだわってなかったので写真を撮ってないですが、いつもは100円ショップなどで700g~1kgのものを買ってます。

サラサラしたものではなく、しっとりした粗塩です。

この“しっとり”が重要ポイントで、これがあるから材料に水分を足さなくても固まってくれます。

しかも精製されていない天然塩は、発汗作用があり血流を良くしてくれるので、バスボムにはもってこいの材料です♪


…という訳で次回は、膨らんでしまったバスボムと、大成功のバスボムの比較をしたいと思います(^o^)丿
 
編集[管理者用] Trackback(0) Comment(2) 
冬はやっぱりお風呂ですねぇ~(〃∇〃)

そしてお風呂といえば『バスボム!!』

バスボムを作り始めた頃は、一度に10個以上をまとめて作ってましたが、忙しいとその時間すらなかなか取れないので、去年からお友達へのプレゼント以外での自家用には、次のような方法にしてます。

簡単バスボム写真のようなガラスや陶器の入れ物に、1回分のバスボムの材料を入れて軽く押し固め、容器ごとドボンと浴槽に沈めてしまいます。

私が作るバスボムの主な材料は
・重曹
・クエン酸
・粗塩
の3つです。

これをただ湯船に振りかけても、お湯に溶け込む前に炭酸ガスが水面で揮発してしまうので、重い容器ごと沈めると、作る手間も省けるうえ、作りたての新鮮(?)なバスボムを堪能出来ます♪

安くてオススメの材料は、100円ショップにある↓の重曹物語と、クエン酸物語、それに同じく100円ショップでも手に入る粗塩です。



重曹物語240g

クエン酸物語120g



『粗塩』は、にがりを含んでしっとりしているもので、袋の裏にたいてい“塩化ナトリウム”(塩のこと)の次に“塩化マグネシウム”と書いてあります。

~初めての方にもオススメ!作り方~
①小さく重いガラス容器などに
  重曹・約大さじ1/2、
  クエン酸・約大さじ1/4、
  粗塩・約大さじ1/2
  …を入れる。
  (要するに、重曹1:クエン酸1/2:粗塩1 の割合)

②精油をお持ちの方は、ここでお好みの精油を
  半身浴or子供と一緒に入浴…3滴以下
  全身浴(大人)…5滴以下
  入れる。

③スプーンなどで混ぜ、容器の底へ押し付けるように
  して押し固める。

…以上で出来上がり!!

ちなみにアロマをやってない方は、手順②をすっ飛ばした基本の材料だけでもとーーっても暖まります(^_^)v

乾燥肌の方や、もっと暖まりたい場合は、ホホバオイルを小さじ1/2くらいを混ぜ込んでもOK(^^♪
湯上りしっとりで、肌表面を薄~いベールで覆われているようで、なかなか湯冷めしません。

基本材料の割合を大体守れば、量はテキトーに目分量でイケます。

思い立ったら是非1回分をパパッと作って、お風呂へ連れて行ってみて下さい(*^。^*) 
編集[管理者用] Trackback(0) Comment(8) 
2007.11.07/ 17:17(Wed)
バスボムの記事は、随分ご無沙汰でした…f^_^;

今年の初め、“造顔マッサージ”のクリームを手づくりする為に買ったシアバターが大量に余ってたので、これでバスボムの仲間、“バスメルツ”を作ってみました。

バスメルツは、本当は重曹とクエン酸をカカオバターで固めるのですが、同じバターだからいいだろう…と、チャレンジ!

<材料・7個分>
 ・重曹  ……… 140g
 ・クエン酸  … 70g
 ・シアバター … 20g

分量は、重曹2:クエン酸1を基準に、シアバターの量は適当です。

バスメルツバスメルツ1バスメルツ2(1)シアバターを耐熱容器に入れてレンジでチンして溶かす。
(2)重曹、クエン酸をポリ袋に入れて振り混ぜ、そこへ(1)の溶けたシアバターを入れてよく揉んで混ぜ込み、容器(私はプリンカップ)に詰め、指でギュッと押し固める。







バスメルツ3涼しい所乾燥でさせると、型からキレイに外せます。

さて、お風呂タイム。

チビ達と一緒に入るので、このバスメルツに精油を2滴だけ垂らします。
(大人なら全身浴で5滴以下までOK)

じゅわわわわわ~~!!

いつもの“スタンダードタイプ”より泡立ちが凄い!!
市販のバブ顔負けです!!!!

精油の香りがぱぁっと広がり、シアバターの油分で肌がしっとり…♪
バスオイルを入れて入浴した感じや、アロマトリートメント後のような肌触り…。

とにかく気持ちいい~!!

これはクセになりそうです(*^o^*)

 
編集[管理者用] Trackback(0) Comment(4) 
2006.07.06/ 23:28(Thu)
ふ~、久々の“バスボム”ネタです(^.^)

手作りバスボムは、無色透明です。

市販の入浴剤では乳白色が人気のようなので、マネして出来ないかとネットで調べると、1件だけヒントになりそうなページがありました!!

そこでは“スキムミルク”を入れるレシピだったので、期待しつつ自分の分量で混ぜてみました。

バスボムてる坊主<材料・1回分弱>
・重曹 大さじ1
・クエン酸 大さじ1/2
・粗塩 大さじ1/2
・スキムミルク 大さじ1/2

一気に作って失敗するとイヤなので、1回分の分量をガーゼのハンカチに入れて、てるてる坊主状態にしました。
これだと、作る時間が無い時でもサッと1回分だけ作れるうえ、ガーゼの中にミカンの皮なども一緒に入れるといいそうです。

重曹とクエン酸をただ湯舟にパラパラまいても表面で気化してしまうので、この酸とアルカリの二つの成分がお湯の中で発泡して、炭酸ガスを発生させるようにします。

…さて、入浴タイム。

チビッ子達と、てる坊主を湯船に沈めてモミモミすると、ガーゼ越しなので細かい泡がブクブク出て、揉んでる感触も楽しく、親子3人で我れ先にと押しまくってましたf^_^;

肝心の乳白色ですが、うっすら濁ったような気がするくらいで、透き通ったまま…。

でも、肌はしっとりました★

次回は、塩をゼロにしてスキムミルクを大さじ1にしてみようと思います♪

ちなみに、スキムミルクはカルシウムがもの凄く多いと袋に書いてあったので、早速晩ご飯の『大根のミルク煮』に混ぜてみました(*^o^*) 
編集[管理者用] Trackback(0) Comment(4) 
2006.03.16/ 16:03(Thu)
まだまだ飽きずに"手作りバスボム"を作ってます(^.^;)

重曹は、みなさんご存知のように、身の回りの至る所で活躍するスグレモノなので、安いものを見つけると、手当たり次第買い漁ってしまってます(*_*)

そこで、バスボムを作ってて思ったのが

『重曹のメーカーによって、バスボムの出来が違う!!』

という事ですw(゜o゜;)w

身体の温まり方に大した違いはありませんが、製作過程での触感、固まる速度、出来上がりの表面処理…が違いました。

身近で手に入る重曹を集めてデータを取ってるので(大げさ…!?)、まとまり次第UPしていきます(*^o^*)/ 
編集[管理者用] Trackback(0) Comment(4) 
年末に挑戦した“バスボム”作り。
簡単に出来てお風呂で大活躍するので、すっかりハマッてしまいましたo(^-^)o
バスボム1バスボム2
最初に作った時のプリン型と、100円ショップで購入の製氷皿で製作。
今回は水を1滴も使わず、前回の材料を全部ポリ袋に入れてシャカシャカ混ぜ、製氷皿に移したら指でギュッと押しつぶして詰め込みました。
すると雪を圧雪した時のように、しっかり中に押し込まれました。
ネットで見たレシピだと、この後すぐ型から外してましたが、どうやっても外すのは無理で、外したとしてもボロッと崩れてしまうので、そのまま1晩おいてカチカチに固まるのを待ちました。
しっかり固まると、キレイに型から外れて、3回も作るとより完成度もUPしてきました★

我が家のお風呂はいつも半身浴程度のお湯の量で、製氷皿で作ったのを2~3個入れます。
3個入れるとお湯も冷めにくく、超・冷え性の私も汗がドバッと出て、いつもは表面の皮膚しか温まらずに身体の芯が冷えたままなのに、しっかりポカポカです(*^o^*)

そして重曹&クエン酸効果はまだあります。
お風呂の栓を抜いた後、いつもより湯あかが少なくて掃除も簡単!
バスタブを重曹で洗うとピカピカになるので、理にかなってるようです。

@cosmeで材料の『重曹』や『クエン酸』と検索すると、皆さん色んな使い方を口コミされてて、とても勉強になります(^.^)

あまりにバスボム作りにハマり、家族、会社や友達、更には保育園の先生にまで配りまくり、周囲までも巻き込んでしまってますf^_^; 
編集[管理者用] Trackback(0) Comment(4) 
2005.12.30/ 21:29(Fri)
保育園の先生と入浴剤の話をしていて、ふと手作りバスボム(固形でブクブク泡が出るやつ。バブなど)を作ってみたくなり、ネットで調べて一番原料が少ないレシピで挑戦してみました。

重曹 100g ←こちらはとても安いです!
クエン酸 50g ←   〃
・塩 100g
・アロマオイル
 (今回はラベンダー使用) 少々

上の材料を全部混ぜ、型に入れて固めるだけでとっても簡単!

ですが、サラサラの粉末がどうしても固まるように見えず、どこかのページに、水をごく少量霧吹きでかけると書いてあったからマネしてやってみました。

製氷皿がなかったので、プリンの型を切って使い、最初は1つずつ抜いていましたが、角が崩れるので型に入れたまま乾燥させました。

手作りバスボム朝起きて見てみると、型のまま固めたものはキレイな形でしたが、型からはずして固めたものは、水で少し発泡してしまい、膨張してました(*_*)

夜、お風呂に入れると、ちゃんとブクブク泡が出て、ラベンダーのいい香りが広がり、とてもゆったりした気分になれました♪

重曹は、温泉の主成分・炭酸水素ナトリウム。クエン酸も塩もみーんな口に入れても大丈夫なもの(上のリンクのクエン酸は食用ではありませんが)で作ってあるので、お湯もまろやかになり、市販と違い添加物もない(オイルいれてしまったが)から、お肌にも優しいです(*^o^*)

次は、カワイイ形の製氷皿を100円ショップで買ってきて作ってみたいです★

※追記:バスボムについては他にも記事がありますので、カテゴリー"手作りバスボム!!"もご覧下さいm(v_v)m 
編集[管理者用] Trackback(0) Comment(0) 
 
Copyright © 2014 あっきぃの“楽しい暮らし大作戦!!”, all rights reserved.
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。