日々の生活、若返りを目指したサプリやコスメ、アロマに手抜き&節約家事など、色んなモノを気ままに書いていきます♪(コメント大歓迎!!)
http://akkylife.blog40.fc2.com/
admin
 

プロフィール

あっきぃ

Author:あっきぃ
 
北陸地方在住で、1978年の早生まれです。
家族は、夫(1975年生まれ)、
りん(小6・BOY)、
れん(小4・GIRL)の4人です。

事務や設計、少しデザインなどの仕事をしています。

チビッ子達の為にも
  “心身共に若々しいママ”
を目指して日々奮闘中!

(公社)日本アロマ環境協会認定
 アロマテラピーインストラクター
 環境カオリスタ

スライドショー

最近の記事+コメント

月別アーカイブ

02  11  10  03  01  05  03  02  01  12  11  09  07  06  05  03  02  01  12  11  10  09  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12 

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

お気に入りブログ♪

人気記事ランキング

ブログ内検索

↓見たい記事をピンポイント!

QRコード

携帯版簡易ページ用アドレス http://akkylife.blog40.fc2.com/?m

QR

携帯からしか見られない“プロフィール欄”が出来ました!!               

リンク

チーム・マイナス6%
  格安・インターネット通信講座『ナレッジサーブ』 お得なポイント貯まる!ECナビ                                       

                                         

--.--.--/ --:--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
編集[管理者用]
2011.03.24/ 06:36(Thu)
私の母は宮城県出身です。

今回の震災で、祖母と叔父たち家族が被災しました。


祖母が住んでるところ…、つまり母の実家は、ニュースでも

「町は壊滅状態で、人口の半分以上が安否不明」
(※震災から数日後の報道時点)

…と言われていた“南三陸町”の志津川というところです。


二人の叔父達は仙台にいます。


13日の夜に叔父達と連絡が取れ、その時に祖母の無事も聞いたのでホッとしたんですが、こうして連絡が取れたり現地の情報収集するのに、携帯やネットがすごく役に立ちました!!

------------

地震の後、母が何度電話しても電話は通じず、携帯メルアドも知らなかったので、妹がダメ元で叔父たちの携帯に番号でメールを送ってみました。


妹の携帯はau。

2通送ったうち、1通はエラーで戻ってきましたが、もう1通は同じauだったのかそのまま。


後で知ったのですが、auのメールが割りと速く送受信再開出来たようで(それでも一瞬だそうですが)、その一瞬をついて叔父が妹のメールを受信出来たそうです。


私はtwitterで仙台や南三陸町の情報収集をしてたところ、南三陸町のあらゆる情報をまとめたサイト等を見つけ、TVで見るより希望が持てそうなツイートをひたすら読み漁ってました。

その後、祖母が避難したとされる場所の避難者名簿を発見!

ちゃんと祖母の名前もあり、改めてホッとしました。


------------

祖母の家は、地図で確認しても海のすぐ側にあるんですが、車も入れないくらい山の上にポツンと1軒だけ建っています。

住民名簿を持って安全パトロールに来るお巡りさんですら、

「こんな上にホントに人が住んでるのか?」

…と不安になる程の場所で、約50年前の“チリ地震”による津波の時も被害に遭わなかった場所だそうです。

当時子供だった母は、今のように津波で家が流されたのを山の上から見てたそうで、

「昔と似た感じだし、きっと家は大丈夫!」

と言ってました。

実際、連絡が取れた叔父の話では、家具が倒れたくらいで、津波の被害は免れたようです。



私が最後に祖母の家に行ったのは、14年前。

日本海とは違う穏やかな志津川湾の海…。


昔話に出て来そうな、山の海の一軒家。

土間があったり、“厠”と呼ぶ方がしっくりきそうな、外にあるトイレ。


こことは違う風習で行われる、私たちから見ると変わって見える葬儀。(祖父の葬儀へ行ったので)



色んな思い出が、津波で流されました…。



私の身内は奇跡的に命は助かりましたが、亡くなられた方々のご冥福をお祈り申し上げますとともに、被災された皆様に謹んでお見舞い申し上げます。


遠くから被災地の皆様のために、私たちに出来る事をしていきたいです。


 
スポンサーサイト
Category: 日々の出来事
編集[管理者用] Trackback(0) Comment(0) 
 
Copyright © 2011 あっきぃの“楽しい暮らし大作戦!!”, all rights reserved.
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。