日々の生活、若返りを目指したサプリやコスメ、アロマに手抜き&節約家事など、色んなモノを気ままに書いていきます♪(コメント大歓迎!!)
http://akkylife.blog40.fc2.com/
admin
 

プロフィール

あっきぃ

Author:あっきぃ
 
北陸地方在住で、1978年の早生まれです。
家族は、夫(1975年生まれ)、
りん(小6・BOY)、
れん(小4・GIRL)の4人です。

事務や設計、少しデザインなどの仕事をしています。

チビッ子達の為にも
  “心身共に若々しいママ”
を目指して日々奮闘中!

(公社)日本アロマ環境協会認定
 アロマテラピーインストラクター
 環境カオリスタ

スライドショー

最近の記事+コメント

月別アーカイブ

02  11  10  03  01  05  03  02  01  12  11  09  07  06  05  03  02  01  12  11  10  09  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12 

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

お気に入りブログ♪

人気記事ランキング

ブログ内検索

↓見たい記事をピンポイント!

QRコード

携帯版簡易ページ用アドレス http://akkylife.blog40.fc2.com/?m

QR

携帯からしか見られない“プロフィール欄”が出来ました!!               

リンク

チーム・マイナス6%
  格安・インターネット通信講座『ナレッジサーブ』 お得なポイント貯まる!ECナビ                                       

                                         

--.--.--/ --:--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
編集[管理者用]
ひとみさんココモコさんが作られた“ローズマリー軟膏”。

気にはなってたものの、ワセリンがネックになってて二の足を踏んでいましたが、知り合いで
「庭にわっさわっさとローズマリーが生えてるのに、イマイチ使いこなせない(+_+)」
…という方がいたので、ローズマリー軟膏をオススメしようと、まず私が作ってみました。

一応、私のように
『ローズマリー軟膏』って何??
…という方もいらっしゃると思うので、簡単に説明します。

ローズマリーに含まれる“ウルソール酸”という成分が、シワ改善に期待出来るビタミンA(レチノール)と同等、もしくはそれ以上の効果があるそうで、国内外の高級シワ取り美容液に配合されています。

ローズマリー軟膏・材料<材料>
・ローズマリー(生orドライ)
・無水エタノール(消毒用は×!!)
・ワセリン (薬局で売ってます)

この“ウルソール酸”というのは、“無水エタノール”でしか抽出出来ず、石油系(ミネラルオイル)の“ワセリン”にしか溶けないそうです。

アロマテラピーやエステのトリートメント(マッサージ)で使うホホバオイルなどは植物油で、皮膚の角質層までは浸透しますが、ワセリンは肌の水分を逃さないように蓋をするのに使ったり、赤ちゃんに座薬を入れる時につけて挿入しやすくするのに使います。

ローズマリー漬け込み開始<作り方>

①煮沸消毒した空き瓶にローズマリーと、浸るくらいの無水エタノールを入れて1~2週間毎日振って漬け込みます。

何かの薬の空き瓶を使いました。

ローズマリー軟膏・抽出完了

②私は待ちきれず10日で製作に入りました(^^ゞ

こんなにキレイな緑色が抽出されてます(^.^)


ローズマリー軟膏・ワセリン

③煮沸消毒した空き瓶に、ワセリン20gとローズマリー抽出液10ccを入れて湯煎にかけます。
エタノールは引火しやすいので、注意しましょう
(~o~)

イケてない佃煮の空き瓶ですが、自分しか見ないので一応OKという事で…(^^ゞ


ローズマリー軟膏・分離中
④しばらくは分離したままなので、たまにかき混ぜながら湯煎していくと、沸騰してからローズマリーエキスのアルコールがどんどん蒸発し、お目当てのウルソール酸がワセリンに溶け込んできます。



ローズマリー軟膏・混ざるローズマリー軟膏・完成!


⑤完全に混ざったようなら、湯煎からおろし、かき混ぜながら冷ましていきます。

私はここで手持ちのホホバオイルを5cc入れましたが、基本は何も入れなくていいようです。

ローズマリー軟膏・小分け100円ショップで買った小分けのクリーム容器に入れて使います。

ちょっとネットで色々レシピを検索して見たものより緑が薄いので、いくつか思い当たる点を書きます。



・ローズマリーが生の方が良かった?
・漬け込み日数が足りない?
・ワセリン20gに対するエキスの量が少ない?
・ホホバオイルで薄まった?

…とまあ、反省点も多々ありますが、しばらく使ってみつつ、母にも実験台として渡そうと思います(^。^)  
編集[管理者用] Trackback(0) Comment(4) 
 
Comment
 

さすがあっきぃさん!!!
丁寧でわかりやすい説明ですね☆

オイラは夏に痒み止めを作って以来、手作りコスメから離れていました。
バスボムは作ってましたけど・・・
あっきぃさんちを覗くと色々作りたくなります。
シワにも効果的みたいなので今度作ってみようかなぁ♪

NAME:x黒猫x | 2009.03.19(木) 16:38 | URL | [Edit]

 

>黒猫さん、こんにちは(^O^)

手作りは楽しいけど、保存期間が短いからマメに作らなければいけなかったり、器具の消毒が面倒だから、色々やってみたいけど、気が向いた時や長く保存出来そうな物(水分入ってない物)しか作らなくなりましたf^_^;
ローズマリー軟膏がシワにどう作用していくかが楽しみです♪

NAME:あっきぃ⇒黒猫さんへ | 2009.03.20(金) 17:43 | URL | [Edit]

 

私も10日間抽出でした。
あっきぃさんのチンキと、同じくらいの色だったので
ホホバの分、薄くなったんですね^^

チンキの量は特に決まりがないようで
作る人によって、結構違いますよね~。

私もアンチワセリン派なので
ブログ用に作って、しばらく置いといて
使わぬまま捨てました(笑)

ワセリンだし、ローズマリーエキスの濃度も高いし
敏感肌の私には危険そうでした。

お母様の実験結果楽しみにしてますv(^皿^♪)

NAME:ひとみ | 2009.03.23(月) 13:32 | URL | [Edit]

 

>ひとみさん、こんにちは(^o^)

ひとみさんのと同じくらい…と言われ、ホッとしています(^.^)

私も実は作ったきり1回しか使ってなく、顔より首のシワで試そうと思いつつ、普段首を意識しないので、ついつい塗り忘れます(^^ゞ

ローズマリー軟膏の効果を話してから友達に分けてあげると、メチャメチャ喜ばれました♪

NAME:あっきぃ⇒ひとみさんへ | 2009.03.24(火) 05:38 | URL | [Edit]

 

name
title
mail
url
comment
password

 Secret?

 

 

 

 

Trackback
 
Copyright © 2017 あっきぃの“楽しい暮らし大作戦!!”, all rights reserved.
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。